新しい求人の仕組みをつくる

求人会社に依存し、採用プロセスも理解しないままに永続的な広告費を支払っている会社は多くあります。自社採用メディアを運用することで、限定的な採用コストのみで自分の会社にあった採用プロセスで進めていくことが可能になります。

求人会社に依存していてはいけない

求人会社に依存していてはいけない

求人掲載数はリーマンショック以後、上昇し続けて44年ぶりの2倍に迫る水準に至るところまできています。生産年齢人口は、1997年から減少し続け、今後10年で1,000万人減少すると言われています。とある求人ポータルサイトの掲載企業数は5年で2.2倍にも増加し、1企業の求人へのアクセス数は激減しました。

求職者の行動の変化

求職者の行動の変化

以前は各求人ポータルサイトで検索する応募者が占めていましたが、近年では例えば「求人 新宿 営業 高収入」等といったピンポイントで検索する応募者が増えてきました。検索して表示されるのが求人特化型検索エンジンであり月間ユーザー数日本1の「Indeed」です。今では、他の求人媒体もIndeed頼りにしている媒体が多くなっています。

1応募者が来る求人サイトを立案

弊社が提供する求人システムは、現代に合う求人媒体Indeed×応募者が来る求人サイトを組み合わせ、エントリー率が上がるシステムです。

現状の把握、課題を確認

現状の把握、課題を確認

経営者や事業主、人事の方は、求人媒体に登録しているのに何故応募者が来ないのかわかっている場合とわかっていない場合があります。まずは現状の課題を洗い出し、明確化します。またどういった人物が来てほしいのかを明確にすることで、高い費用対効果に繋がります。

求める人物像に対応

求める人物像に対応

高い求人広告費を支払っていても、求める人物像が来ないということで悩まれている方は多いと思います。弊社システムでは、ご自身で運用できる求人サイトを提案し、その時々で求める人材へ向けたメッセージ等を変更することが可能。またどこで離脱しているのか等求人サイトの解析が自動で行われるので、対応策を考えることができます。

2専門的知識は不要 ―簡単なホームページ編集機能―

フルスクラッチでのデザインでも、お客様で簡単に編集が可能になりました。画像の変更やテキストの変更等、サイトデザインを確認しながら編集できるシステムをNSSマーケティング株式会社はご提供いたします。
従来のホームページは、仕組み自体がテンプレート化されており、ブログ更新等はできても、テキストや画像の変更を行う際にホームページ業者に毎回依頼してと・・・少量の変更をしたい場合でもご自身でできないということが多かったと思います。NSSマーケティングが提供するシステムは、初回制作からSEO施工・ロングテール対策とご納得頂ける多機能を搭載したサイトをご納品させて頂くことはもちろん、ご納品させて頂いた後もテキスト修正や画像修正等の特定の内容変更に関しては無料でサポートさせて頂きます。そのためパソコンが苦手な方も安心して運用して頂くことが可能です。

3応募者管理もできる管理画面

応募者管理もできる管理画面

求人媒体に登録して、応募者の管理は人事の方がエクセルやスプレッドシートで管理・・・という会社は多くあるかと思います。弊社の応募者管理ツールは、応募があった段階で自動的に応募者一覧に反映されるシステムです。
各応募者の採用状況も応募者一覧で管理できるほか、面接時のメモを管理画面に残しておくことも可能です。

4ユーザーに合わせた対策ができる解析ツール搭載

ユーザーに合わせた対策ができる解析ツール搭載

サイト管理画面からサイト解析結果を簡単に閲覧することが可能になりました。ダッシュボードでは、計測されたアクセス統計情報が表示され、どういったユーザーが訪問しているか等の情報を見ることができます。
サイト解析では、期間での比較機能など、ウェブサイトを変更する前と変更した後での改善の結果が良くなっているのか等も確認することが可能です。

ヒートマップ解析

弊社システムには「8つのヒートマップ解析ツール」が標準搭載されています。
従来のヒートマップ解析ではわからなかった、ユーザビリティの問題やUX(ユーザーが得る経験)を高めるための改善点がわかります。

簡単にA/Bテストができる

A/Bテストとは、ウェブサイトの一部を変更したり、ページそのものを複数パターン作成し、それらを比較検証し、最も目標に対して効果があるパターンを見つけることができるマーケティング手法です。サイトを運営していく中で、満足のいく結果ではない場合などに用いることで改善策を見つけることができます。

広告連携機能

セグメント比較のヒートマップでユーザーごとの行動を追跡することが可能です。「検索からのユーザーと広告経由のユーザー」 「直帰したユーザーとしなかったユーザーといったセグメントでの比較が可能となっております。さらに、URLパラメーターごとのセグメント比較も可能となっているので、キーワード広告ごとのユーザーの動きを可視化することが可能となりました。ヒートマップツールとセグメント比較機能を用いることで、原因と改善策の精度が高まります。